Author Archive

歯医者とマインドフルネス

1ヶ月ほど前から歯医者さんに通ってます。

(河内小阪駅徒歩1分の奥田歯科です)

歯が痛かったもので。。。

なかなか思慮深い先生でして

(偉そうかよ!!スミマセン)

話をしてて面白いです。

歯と体についてです。

しかしながら、

今回は、歯医者さんにいくことで気づけたことの話

歯医者さんでは、歯周病菌と虫歯菌が多く、しっかり歯磨きしましょう!ということをご指摘いただきました。

よくある、やってるつもり・・・でした。(情けない・・・)

初回は、歯ブラシの使い方を細かくレクシャーいただき、

翌週はフロスを使うよう指示され、

先日は、歯と歯茎の間を磨く歯ブラシを手渡されました。

歯磨きが3段階なわけです。

今まで、ゴシゴシゴシってな感じで終わってた歯磨きの時間が、

なんとも時間のかかる作業となりました。

そこで、気づいたのが

  • 食事をゆっくり摂る時間
  • お風呂にゆっくり浸かる時間
  • 歯を丁寧に磨く時間

1日が終わる頃にこれらを丁寧にゆっくり流れる時間を作る大切さです。

歯磨きに時間がかかるぶん、お風呂に浸かる時間が長くなりました。

長くなったことで、なんと、踵のガサガサが改善されました。

そして、磨き終わったあとのツルツル感が今までとは雲泥の差であることに気づき、

その後の嗜好品はゼッタイアカン!となりました。

よく、マインドフルネスがこのご時世には大切で

呼吸だの

ランニングだの

トレーニングだの

言われてますが、

こーいう、ゆっくりした時間の「いま」を感じれる時間であれば

何でもマインドフルネスになるわけです

そんな時間を大切に、これから歯磨きに勤しみたいと思います。


コロナ対策はこちらをご覧ください。

トライアル体験も随時実施しております。

下のボタンでトライアル体験の内容をご確認ください。

2022-03-10 | Posted in BLOG

 

体をチューンナップする

体のチューンナップ


チューンナップ

言葉の意味は、

「機械がうまく動くように調整すること」

「自動車やバイクを改造して性能を高めること」

と調べると出てきます。

ここ数年、

コンディショニングトレーニングという形で

サービスを提供していますが

どうも引っかかった感じが拭えませんでした。

そこで、お客さんとの会話で、

「ここのトレーニングはチューンアップ(チューンナップ)

する感じですね」

と言われ、ハッとなりました。

コンディショニングとは・・・

最高の能力を発揮できるように

精神面・肉体面・健康面から状態を整えること

ということ

整えることが必要な方もいます!

その整えたのを使うことで

さらなる「自由に動ける体」を

手に入れていただきたい思いに対ししっくりくるのが

チューンナップです。

よく車などメカニック系に使われる言葉です。

「車のエンジンをチューンナップしました!」

みたいな

私もチューンナップは憧れですが、

お財布に優しくないので、

指を加えて見てる状態です。

とはいえ、

多少チューンナップした車を運転するのは楽しいですし、

嬉しいです。

体においても、

トレーニングはコンディショニングでとどまらず、

常にチューンナップして、

何歳になっても動けて、

その先の新しい世界をみたいなと思います。

生涯進化し続けるために!

コンディショニングとのバランスを考えながら、

主に自体重のトレーニングや

時にウェイトトレーニングを行い、

【今日が一番若い体で調子が良い】

を目指してチューンナップしていただければなと思います。

そのためには自分自身で体現できるように、

毎日毎日何かしら動いて

探求していきたいと思います。

ただただ楽しく!


コロナ対策はこちらをご覧ください。

トライアル体験も随時実施しております。

下のボタンでトライアル体験の内容をご確認ください。

2022-03-05 | Posted in BLOG

 

バランス機能向上のための多角的アプローチ@静岡

ブログをご覧いただき

ありがとうございます。

八尾市にあります

コンディショニングジムHPIの岡本です。

「痛みからの脱却」と

「美」を追求し、

【生涯進化し続けるためのトレーニング】

をご提供します。

2022/1/23

静岡県富士市にて、

「バランス能力向上のための多角的アプローチ」というセミナーの講師を務めてまいりました。

主に

前庭器という耳の奥にある三半規管をはじめとした

生き物のバランス能力を司る器官に対する内容です。

細かな前庭器については、

杏林大学の松村先生が午前中にお話しされ

午後からは、私が運動指導にまつわる内容をお届けしました。

我々の運動指導対象としては、

  • 膝が痛い
  • ふとももが太い
  • 歩くと脚が疲れる

などの問題を解決することですが、

ここに、実は前庭器の問題が潜んでいることが多くあります。

運動指導と言えども、ウェイトトレーニングばかり指導するわけではなく、

どうすれば、うまく動くことができるのかを考え、

うまく動けるように導く指導が必要なのです。

ウェイトトレーニングの真似事ではなく、

先述の問題解決にいち早く結果がでるように

実は前庭器への介入も必須となってきます。

そのような内容を目一杯詰め込んできました。

主催の露木さん

ご一緒させていただいた松村先生

場所の提供と徹底した感染対策をしてくださった理恵さん

ご参加いただいたみなさま

ありがとうございました。

2022-01-24 | Posted in BLOG

 

年末年始の営業について

お正月休み


2021年12月30日(木)〜2022年1月5日(水)

お正月休み

 

新年は1月6日(木)からの営業となります。

年内及び、年始のご予約枠は埋まっております。

1月下旬からのご予約承ります。

2022年はトレーニングに励みたいとお考えの方は、トライアル体験からお申し込みくださいませ。

2021-12-23 | Posted in INFORMATION

 

ヒップアップはトレーニングよりも歩き方の方が大事

ブログをご覧いただき

ありがとうございます。

八尾市にあります

コンディショニングジムHPIの岡本です。

「痛みからの脱却」と

「美」を追求し、

【生涯進化し続けるためのトレーニング】

をご提供します。

人はトレーニングよりも生活する上で動作を行う方が多いです

例えば、「歩く」

1日5000歩とします

(8000歩を推奨されてます)

スクワット5000回

これは地獄です

明日は歩けないでしょう

その日のトレーニングがよく効いたとしても

普段の歩くという動作に無理があれば

知らぬ間にあなたのアウトラインは崩れます

それが過度に繰り返されることで痛みに繋がることがあります

彼女の歩行動画を見てみましょう

レギンスのロゴマークの動きに注目すると、、、

ロゴの動きが変わってるのがお分かりでしょうか?

これは、骨盤の回旋が左右不均等であることを無意識に修正するしています

お尻が上がってやいませんか??

(ちょっと画角が違いますが汗)

もちろん、トレーニングもしていただいてるのですが、

トレーニングと同時に歩行動作が変わるようなエクササイズを組み込んでおります

これが、トレーニングよりも地味なんですが、キツいんです

このトレーニングの事前エクササイズに重きを置くことで

少し時間はかかりますが、歩き方が変わります

歩き方が変われば、自然とアウトラインも変わっていくのがわかりました

脚が太い

ふくらはぎがパンパン

歩くと外ももが張る

など、脚のアウトラインでお悩みの方は是非お越しください


コロナ対策はこちらをご覧ください。

トライアル体験も随時実施しております。

下のボタンでトライアル体験の内容をご確認ください。

2021-12-15 | Posted in BLOG

 

肩が痛くてトレーニングできません

ブログをご覧いただき

ありがとうございます。

八尾市にあります

コンディショニングジムHPIの岡本です。

「痛みからの脱却」と

「美」を追求し、

【生涯進化し続けるためのトレーニング】

をご提供します。

表題の件ですが、誰が?って話ですが、

紛れもなく、私(岡本)です。

こうならないように常にエクササイズやケアはしておりますが、

なんだか数日違和感が取りきれず

とある朝、起きたら腕が上がらず激痛でした。

とはいえ、すぐに病院にいく時間もなく、なんとか自分でと思い

持てる知識をフル活用

肩関節に対するエクササイズ1
肩関節に対するエクササイズ2

前述の動画は、肩に問題のある方に行ってもらうエクササイズの1部です。

いわゆるインナーマッスルをしっかり使える環境にしてあげるというエクササイズです。

見た目以上に難易度は高いのですが、これを体得してれば大抵の肩の問題は解決できます。

これを1日中やりまくった結果、

ダンベルトレーニングができるようにまで回復しました。

ほんとに、筋肉が切れたのかな・・・というような痛みだったのですが、病院にいくこともなく解決できました。

肩が痛くてトレニングができない

肩が痛くて家事もままならない

肩がいたくて衣服の脱着もつらい

そんなかたは一度お問い合わせください。


コロナ対策はこちらをご覧ください。

トライアル体験も随時実施しております。

下のボタンでトライアル体験の内容をご確認ください。

2021-12-02 | Posted in BLOG

 

専門家向け、外反母趾セミナー開催いたします

外反母趾の相談、多くないですか?

相談よく受けませんか?ご本人からのご相談も多いですが、

「相談されてるんですけどどうやったらいいんですか?」という相談もよく受けるんです。

なんせ、直接的、間接的に多い案件です。

痛くて困ってるケースもありますが、痛くないけど外反母趾なんですよねーって・・・

痛い場合は病院を紹介するわけですが、

痛くない場合は何もしてくれない(何もする術がない)ということになります。

外反母趾診療ガイドライン2014(改帳第2版)には保存療法についてはあまり多く記載されていません。

そして、足の変形が強いケースだと保存療法に対するポジティブな情報はなく、

手術や装具着用を推奨されています。

それについて何か反論したいのではなく、ガイドラインにも多く記載されていないくらいですから、対処方法もあまり知られていません。

しかし、そこは解剖学書と睨めっこし、少しの可能性を見いだせました。

動かない、変わらないと思ってた足が多少の変化が生まれたり、

その変化により足底の感覚が生まれ、膝や股関節への上向性への良い影響が生まれます。

一定の変形角度以上のものはどうにもならないケースもあります。

治すことはできませんが、直すことはできます。

ということで、

【今さら聞けない外反母趾のアプローチ】


と題してオンラインセミナーを開催します。

□概要 

外反母趾は足の親指だけで起こってるのではありません。 

外反母趾が起こるメカニズムを理解し、

どのように足全体の骨が崩れていくのかを解説します。 

また、足関節の筋肉、足底の筋肉を理解し、

それらが作用すると骨、関節がどのように動くのかを解説します。 

外反母趾によって失われた機能を取り戻すためのアプローチをご紹介します。

□内容 

・足、足関節の解剖学、機能解剖学 

・横アーチのメカニズム 

・内外側縦アーチのメカニズム 

・足の崩れ方 

・足関節への制限アプローチ 

・足底への制限アプローチ 

・内在筋のエラーと改善 

・外在筋の誘導 

・各アーチの作り方

□日時 2021年12月25日(土)  19時〜21時

□受講料 

アーリーバード価格 12/10まで  

9900円(税込) 

定価 12/11以降  

15400円(税込)

※アーカイブ視聴あり  1/30まで

□講師 岡本雄作 鈴川真理

□参加方法 zoom(アーカイブあり)

□お申し込み方法 

https://forms.gle/irrGEzuG3ryyCjVV6

□お問い合わせ 

info@hpi-62.com 担当:岡本


2021-11-30 | Posted in INFORMATION

 

膝オペ後の方にこんな運動はじめてと言われました

ブログをご覧いただき

ありがとうございます。

八尾市にあります

コンディショニングジムHPIの岡本です。

「痛みからの脱却」と

「美」を追求し、

【生涯進化し続けるためのトレーニング】

をご提供します。

膝の手術後どこにいっても変わらなかったのに・・・


そうお話いただいたのは、50代女性

膝の手術をしてリハビリ先を転々としていたとのこと

どこへ行っても

「歩き方がおかしいからしっかり歩きましょう!」と言われるだけで

実際それに対するアプローチへの効果が感じれていなかった。

しかし、ここ数週間、足首の動きの悪さを指摘され、動くように練習しているせいか、

歩く感覚が違うのを感じれてます。

「すごく軽く、膝の違和感が気になりません」

と嬉しいお言葉をいただきました。

歩く時の足首とは・・・???


トレーニングする前の歩行動作のチェックは必ず行います。

その際の癖を改善するためです。

歩行動作において足首は目まぐるしく動いています。

  • 衝撃吸収
  • クッションの役割
  • 方向の位置付け
  • 推進力

など

その足首をないがしろにして歩行動作はうまくいかないと言っても過言ではありません。

なんせ今回は、歩行動作に変化が出てきてよかったです。

しかし、やることはまだまだあります。

痛みを改善し、やりたいことをやる!

その先に待ってる明るい未来のために今がんばりましょう。


コロナ対策はこちらをご覧ください。

トライアル体験も随時実施しております。

下のボタンでトライアル体験の内容をご確認ください。

2021-11-17 | Posted in BLOG

 

美脚をつくる股関節エクササイズの再考@静岡

ブログをご覧いただき

ありがとうございます。

八尾市にあります

コンディショニングジムHPIの岡本です。

「痛みからの脱却」と

「美」を追求し、

【生涯進化し続けるためのトレーニング】

をご提供します。

静岡県富士市にて、股関節のセミナーを行いました。

  • お尻を上げたい
  • 脚を細くしたい

などのご要望はあとを断ちません。

我々運動指導者も皆様に

  • 綺麗な脚
  • 綺麗なお尻

になってもらいたい一心で指導をしております。

今回、静岡にお集まりの指導者の方々も同様です。

ただ単にスクワットをすれば良いわけではなく

  • いかに無駄な緊張をとり
  • いかにお尻に適切な負荷をかけ
  • いかに綺麗に歩いていただけるか

こういったお話を1日かけてさせていただきました。

セミナーとは別に、

お昼のしらす丼

夜の鰻重もしかり堪能させていただきました。

ご参加の皆様ありがとうございました。

富士山も綺麗でした。

コロナ対策はこちらをご覧ください。

トライアル体験も随時実施しております。

下のボタンでトライアル体験の内容をご確認ください。

コロナ対策はこちらをご覧ください。

トライアル体験も随時実施しております。

下のボタンでトライアル体験の内容をご確認ください。

2021-11-15 | Posted in BLOG

 

指導者向け・歩行動作の見方と介入セミナー

昨年、同時期に開催し、非常に多くの方にアーカイブをご購入いただきました。

そのセミナー内容をさらにブラッシュアップし、わかりやすく解説していきます。

やる方も見る方も2時間が限界という判断で、毎回2時間構成となっております。

/

概要:

このセミナーでは、歩行動作の基礎的なメカニズムと機能解剖を把握し、それを運動指導にどのように落とし込むかを理解できる内容となります。

日時:

①9/18(土)19:00-21:00

②9/25(土)19:00-21:00

③10/2(土)19:00-21:00

④10/9(土)19:00-21:00

⑤10/16(土)19:00-21:00

 ※リアルタイムでご参加できない方はアーカイブで視聴可能です

       アーカイブの期限は2021年12月31日までとなります

内容:

1.矢状面上での歩行の相

2.関節モーメントと力学的エネルギー

3.矢状面と水平面における足部と足関節、膝関節の運動学と機能解剖

4.前額面と水平面での股関節骨盤と胸郭の運動学

5.クリティカルフェーズと歩行動作を改善のための運動介入

参加方法:

zoom

料金:

9/5までにお申し込みみ限り早割(全日程のみ)

全日程参加→19800円(HPI会員9900円)

単日参加→6600円(HPI会員3300円)

9/65以降

全日参加→25300円(HPI会員11000円)

単日参加→6600円(HPI会員3300円)

 ※PayPal or 銀行振込

対象:

AT、PT、OT、S&C、柔道整復師、鍼灸師、ヨガインストラクター、ピラティスインストラクター、ボディワーカー、その他運動指導に関わる方

講師:

鈴川真理(理学療法士)

お申込先:

https://forms.gle/KFrH4WWMkdLtecht9

お問い合わせ:

info@hpi-yao.com  

岡本雄作

2021-08-23 | Posted in INFORMATION

 

専門家向け、膝のセミナー告知

膝を深ぼるセミナー

【講師】

兵庫医科大学整形外科学教室 

中山寛先生

【資格等】 

医学博士

膝関節鏡技術認定医

日本整形外科学会専門医

日本整形外科学会スポーツ医

日本体育協会公認

【概要】

膝関節鏡で膝の中身を見ていきます。

手術の手順を解説しながら、膝の解剖を掘り下げていきます。

(内視鏡での映像ですので、傷口などはほとんど映りません)

加齢による軟部組織の変性や、軟部組織の実物とそれらを手術でどのように対処するのかを見ていただく機会となります。

今後のそれぞれの現場活動に役立つ内容となります。

【日時】

2021年8月7日(土)20:00〜21:30

【参加方法】

zoom

※アーカイブのみ可

 2週間閲覧可能

【料金】

5000円(税込)

【支払い方法】

下記どちらか選択していただけます

・銀行振り込み

・Paypal

【お申し込みフォーム】

https://forms.gle/2GLuZwWAoVekyg4X6

【お問い合わせ】

info@hpi-yao.com

岡本

2021-06-29 | Posted in INFORMATION

 

7月オンラインクラス

7月のオンラインです。

オンラインは専門家向けと一般の方も参加できるオープンクラスがあります。

漢字が専門家向け

ひらがなが一般の方向け

英語は専門家向け身体操作法実践

となります。

勉強会の詳細はこちらをご覧ください。

HPIオンライン

勉強会内容

よろしくお願いします。

2021-06-23 | Posted in INFORMATION

 

3週間でウェスト−7cmの食事

ブログをご覧いただき

ありがとうございます。

八尾市にあります

コンディショニングジムHPIの岡本です。

「痛みからの脱却」と

「美」を追求し、

【生涯進化し続けるためのトレーニング】

をご提供します。

さて表題の件ですが、3週間でウェストが7cm小さくなる!

そう聞くと、3週間は長いですか?短いですか?

1日2日で体は変わりません。

食事を含めた食習慣の変化と定着が必要です。

そんなことはわかっちゃいるけど・・・

それ以外の方法はありません。

ポイントは、

  • レパートリーは少なくて良い
  • 調理法は手間をかけなくて良い
  • 慣れるまでは全力投球

上記3つを守ってください。

食事例は写真のような感じです。

基本的には炭水化物はしっかり摂っていただきます。

お米や芋、この方はオートミールを活用し、

その時々でご自身で変化をつけています。

量自体も、しっかり摂ります。

お腹いっぱいという感覚だそうです。

特に、スーパーフード的な何かを追加することもありません。

魔法はない!基本に忠実に実行するだけ!!

言いたいのはそれだけです。


コロナ対策はこちらをご覧ください。

トライアル体験も随時実施しております。

下のボタンでトライアル体験の内容をご確認ください。

2021-06-10 | Posted in BLOG

 

6月オンライン・新クラスもあります

6月のオンラインです。

オンラインは専門家向けと一般の方も参加できるオープンクラスがあります。

漢字が専門家向け

ひらがなが一般の方向け

となります。

6月から漢字・ひらがなに加えて英語の「Functional Movement」というクラスを作りました。

このクラスは、オープンクラスですが、少々難易度が高いクラスとなります。

逆立ちしたり、ブリッジしたり、

何かに囚われることなく、

人の体の操作を追求し

その動作を追求していくという内容です。

この数年

私も取り組んできましたが、

特にウェイトトレーニングに非常に相性が良く

あまり毎回のトレーニングを追い込むことなくとも

重量が落ちずに済んでいます。

なにより、怪我をする確率が格段に減りました。

自分にとって少し難しい動きにチャレンジすることで

新たな感覚が芽生え、

感覚をたくさん持ち合わせることで、

ウェイトトレーニングという単一な動作がより簡単にできるようになります。

そんなことを皆さんと共有したくて見切り発車でつくりました

いつもお伝えしている

解剖学の知識とともに

体を動かし、体現していきましょう。

勉強会の詳細はこちらをご覧ください。

HPIオンライン

勉強会内容

よろしくお願いします。

2021-05-28 | Posted in INFORMATION

 

ezwebメールの方々へ

お問い合わせいただくのですが、

返信メールがezwebですと、

その後連絡がない!

ということが続出しております。

今一度、迷惑ボックスに振り分けられいないかのご確認お願いします。

可能であれば、その他のメールアドレスでのご登録お願いします。

2021-05-19 | Posted in INFORMATION

 

感覚の重み付け

ブログをご覧いただき

ありがとうございます。

八尾市にあります

コンディショニングジムHPIの岡本です。

「痛みからの脱却」と

「美」を追求し、

【生涯進化し続けるためのトレーニング】

をご提供します。

感覚とは


  • 視覚
  • 前庭覚
  • 体性感覚

上記3つの感覚をさし、

それぞれで集めた情報を脳へ送り、

その情報のもと体を動かしています。

この情報の内訳は様々な諸説があるので割愛しますが、

それぞれの割合が責任領域の範囲を超えて偏りが生じると

体の動きはおかしくなってしまいます。

特に、最近ではスマホ、PCを使うことも多く、

さらには、座りっぱなしの在宅ワーク

長時間のイヤホンつけっぱなしでの会議など

人の感覚を崩す要因はそこらじゅうにあふれています。

これらの感覚がおかしくなることで、

トレーニングへも大きな影響がでます。

多くのケースで見受けられる問題は、

「脚を細くしたのに、どんどん太くなる!」

問題です。

体の使い方、特にここ最近では目の使い方に問題がでており、

体の使い方がおかしくなるケース

これが多発しています。

解決策はあります!

ずばり

「目を閉じてトレーニングする」

です。

目を閉じて、視覚をシャットダウンすると、

より自分の使っている関節や筋肉への意識が高まります。

そして何より、前庭覚が大仕事をしないといけない状況に陥るために、

視覚優位から、前庭覚・体性感覚への感覚の重み付けがなされます。

つまり、普段と違う体の使い方をすることで、また新たな自分が生まれ

動ける体へと進化します。

結果、無駄なところへの筋肉がつくという現象がなくなってきます。

何事も時間は均等に流れます。

効率よく運動もしていきたいものです。


コロナ対策はこちらをご覧ください。

トライアル体験も随時実施しております。

下のボタンでトライアル体験の内容をご確認ください。

2021-05-19 | Posted in BLOG